MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

セイカを
もっと身近に!

在学生やコースごとのブログ、進路・就職情報など、
学生生活を身近に感じてもらえるコンテンツが満載

  • セイカ探検隊
  • コースブログ
  • 進路就職

メンバー登録して
最新情報をGET!

「SEIKA MEMBERS」に登録すれば、
お得な特典や受験に役立つ情報がもらえる

  • スイーツ
    無料券
  • 抽選で豪華
    プレゼント
  • イベント
    特別優先席

ログインはこちら

1021_sum.jpg

セイカの学生

2018.10.21

「ポTALK」〜そこにいるだけで心地よくなれる空間を〜

小山晏詩

小山晏詩(ポピュラーカルチャー学部 音楽コース)

初めまして!
2018年度から1年生となった、ポピュラーカルチャー学部(以下ポ学部と明記)音楽コースのあんじゅです。大阪府出身です。ピチピチの新人です。

 

image1.jpg

僕の最初の記事は、ポ学部内で開催された「ポTALK」というイベントに興味がわいたので、取材をしてきました!このイベントを通じて、より学生生活が豊かになったらいいなあ。それではどうぞ〜!

まず、「ポTALK」とはなにか? ということから説明しましょう!
これは、ポ学生3年生の選択必修の実習授業「音楽と、次のビジネス」の一環として行われているイベントのこと。
他学年の学生と今まで以上にコミュニケーションを深めるため、この授業の履修生によって提案されました。

僕も実際に参加しましたがとても楽しかったです。先輩と好きな音楽の話をしたり、一緒にゲームをしたり、いつも暇だった昼休みがあっという間に過ぎていきました。


そして今回、この授業の担当教員である永田 純(ながた じゅん)先生にお話を伺ってきました。

永田 純 (ながた じゅん)
ポピュラーカルチャー学部 音楽コース教員 
過去にアーティストのスタッフやマネージャー、映像作品の楽曲制作、また著書制作にも目を向き合って来た。


ー  「ポTALK」は授業の履修生によって提案されたとお聞きしましたが、「音楽と、次のビジネス」では、今までにどのような実習を行ってきましたか?

永田
「食堂2階にある座敷を憩いの場にすべく、DVD上映会の開催、綿菓子やかき氷のサービス、生演奏BGMを提供する他、学外のコワーキングスペースにプロのミュージシャンを招待してライブを行ってきました。イベントの企画に難しさを感じた時は、よりいっそう学生同士で協力し合いながら、成功に導けるアイデアを探していきましたね」


ー  この授業を通じて、履修生にどのようなことを得てほしいですか?
また、これからの実習の期待について教えてください。

永田
「実習の目標としては、まず、セイカのキャンパスで、そこで一緒にいる仲間達にとって<あったらいいもの>を考える。そこから次に、その考えを京都の街まで広げる。必要なことは『自分たちがしたいことをする』ではなく、『どうすれば自分たちの居場所が良くなるか』をよく考え、人を幸せにすることです。そういう気持ちや考えを、この授業を受けた学生たちにはもってもらいたいなと思います」

ー ありがとうございます。では最後に、このブログを読んでいる方に一言お願いします。

永田
「音楽というと自己表現にばかり目がいきがちですが、本来、聴き手の幸せのためにあるのだと思います。このブログを読んでいるみなさん、それを作っていく環を私達と一緒に広げていきませんか?」


永田先生、どうもありがとうございました!

これから、「音楽と、次のビジネス」の実習でどんなことが行われていくのか…。「ポTALK」もすごく楽しかったので、期待が否が応でも高まってしまいます!

僕のはじめての記事は、いかがだったでしょうか。今後も、もっともっとおもしろい記事をみなさんにお届けできるように、がんばっていきます!
それでは次回の記事でまたお会いしましょう!
 

foot_members_tit01.svg

会員登録で限定特典を
GETしよう!