MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

セイカを
もっと身近に!

在学生やコースごとのブログ、進路・就職情報など、
学生生活を身近に感じてもらえるコンテンツが満載

  • セイカ探検隊
  • コースブログ
  • 進路就職

ログインはこちら

image2.jpg

セイカの卒業生

2017.09.05

駆け出しのイラストレーター セイカの卒業生にインタビュー!

小林 真優

小林 真優(デザイン学部 イラスト学科イラストコース)


みなさん、はじめまして。読書が大好きなイラスト学科4年生のコバヤシです。最近、暑くなってきてバテていませんか?かき氷やアイスもほどほどに、暑さを吹っ飛ばす勢いでガンバっていきましょー!


さて、今回わたしが取材した方は東京在住イラストレーターの「しまだたかひろ」です!日々、イラストレーターとして創作活動をされている方で、昨年イラスト学科を卒業されたばかり。

そして、しまだたかひろは2017年1月にkara-Sで個展を開催。わたしも見に行きましたが、ポップでユニークな作品が多く、洗練された線からは彼の作品に対する情熱が伝わってきて、とてもいい刺激になりました!

セイカを卒業して数ヶ月。さまざまな雑誌や場所で作品を発表しているしまだたかひろ。在学中も校内で作品を目にすることが多く、以前から注目していました。

個展やグループ展でお会いした際、お話しを聞いているとこれからアーティストになりたい高校生のためになると思い、今回インタビューをお願いしました。

学科の先輩として、またイラストレーターとしてセイカに来て学んだことから、これからの展開についてなど、たっぷりご紹介したいと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

−−−なぜ精華大に来ようと思ったのですか?

高校の頃から絵を描くことは好きで、よく落描きみたいなものを描いてました。だから、自然と美大を受験しようという流れで予備校に通い始めたんです。オープンキャンパスで学生の雰囲気や作品を見て、「あ、精華いいな」って。ふわっとした理由ですけど、そう思いましたね。

−−−なるほど。では精華にきて学べたことって何ですか?

最初は、周りが絵の上手い人ばっかりなんで、「自分の絵ってヘタクソだな」って思いました。だから「やばい、描かなきゃ」と思い、とにかく描いてました。

精華ってやる気がある人には、「やりやすい環境だな」って思います。授業で学ぶことはすべてきっかけだと思ってるので、授業の内容だけで満足するのではなく、そこから自主制作して、試行錯誤し、初めて身につけられるものだと思ってます。

作ったものを先生に見せればアドバイスがもらえるため、どんどん成長できる場だとも感じますね。

なので、本人のやる気次第で視野も行動範囲も限りなく広がっていくんですよ。

−−−普段はどんなものを作っていますか?

変わっててクセのある、キャラ要素の強いものを描いています。


−−−おお!線が綺麗でキャラクターも独特ですね。どうやって描いてるんですか?


細い筆と墨で線は描いてます。ちゃんとした一枚絵に仕上げるときは、考えたり軽く下描きするんですけど、基本そのまま描き始めますね。

考えて描くっていうより、描きながら考えてます。

特に描いててどうしようとか困ったことってあまりなくて、「これとこれを合わせたら面白いかも」、「こんなのもありだな」って感じで、固定概念で縛らず、自由な発想でやってます。


−−−だから魅力的なイラストに仕上がるんですね!最後に、これからの展開について教えてください!


やっぱ、絵だけで生活していけるようにはなりたいかな。今は雑誌関係のイラストをしてるけど、絵本も漫画もやりたいし、特にこの領域だけってのは決めてないです。

どこで何をするかより、描いているってことが大事だから。どんなことでもしていこうって思ってます。

でも立体はセンスないんでやらないかな(笑)やるなら業者に発注します。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ということで、作品にも自分にもひた向きな、しまだたかひろ。本当にありがとうございました!


私も頑張らなくては!


では、今日はここまで。

次回もお楽しみに〜。


↓しまだたかひろの作品をもっと見たい方は下記のURLをクリックしてね。

【しまだたかひろ】

Tumblr:tkhrsmd.tumblr.com


学生ライター 小林真優(デザイン学部 イラスト学科イラストコース4年生)