MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

セイカを
もっと身近に!

在学生やコースごとのブログ、進路・就職情報など、
学生生活を身近に感じてもらえるコンテンツが満載

  • セイカ探検隊
  • コースブログ
  • 進路就職

ログインはこちら

image14-2.jpg

セイカの学生

2017.07.26

「精華の成果」をおひろめ『セイカMARBLE展』に潜入!!

青山 千佐果

青山 千佐果(デザイン学部 デジタルクリエイションコース)

こんにちは〜!

デザイン学部4年生のちいさかです。

 

とうとう最年長の学年になってしまいました(笑)

最年長になるのは高校3年生ぶり…なんだか受験生の皆さんが同志に思えてくる今日この頃です。

高校3年生の皆さん、一緒に楽しんでいきましょう!

 

そうそう。

同じ3年生でも「セイカ大学の3年生って一体どういう事をしているんだろう?」ちょっと疑問に思いませんか?

実は以前、その疑問に答えてくれる「ある展示」が学内でこっそり行われていたんです。そうそれは…

image14

セイカMARBLE展

 

これは、京都精華大学ビジュアルデザイン学科グラフィックデザインコース/デジタルクリエイションコース3年生によるプロジェクト授業成果発表展のこと。

11の「プロジェクト」授業(無料のカフェを作ったり、文字のデザインをしてみたり、体験型ゲームを作ったり、など)を通して生まれた作品や社会との関りを、まとめてご覧いただける展覧会なのです。

image16

ギャラリーフロールという京都精華大学の明窓館1階にある、在学生なら誰でも展示可能なギャラリースペースを利用して「MARBLE(マーブル)展」は開催されました。

 

「ちくしょう、見に行けなかった」

「そもそも展示があったなんて知らなかった」

 

そんな声が聞こえてきますね。

 

大丈夫、お任せください。

ここで私、各プロジェクトの展示内容を今回特別に一挙大公開したいと思います!

 

まずはコチラ!!

image2

カラフルな広告が目を惹くこのコーナーは「広告プロジェクト」!

 

学生グループのみで『新しい広告とは何か?』を考えながら制作。

デジタル社会になり、使うことの減ったアナログなモノ(風鈴やマッチ棒など)を工夫し、リデザイン(既にあるデザインをデザインし直す)して進化させる「RE project(リ プロジェクト)」という活動を行いました。

image8

また、下着メーカー「ワコール」さんとの産学連携(民間企業と大学が手を組み、商品開発や新事業を行うことを示す)により生み出された新しい下着の商品や広告の企画新提案も!

 

続いて、2つ目に紹介するのはコチラ!

image17

写真がいろんなカタチに変身!?

image19

そう、こちらは「写真プロデュースプロジェクト」!

アート写真の発信を写真集に限定せず、洋服や雑貨など、写真をさまざまなメディアに展開する制作を行いました。

こんな照明器具の模様も写真から出来ている事に驚きです!

さてここでクイズです。何を撮影した模様でしょうかっ?

image7

正解は…

image13

このような街の空撮写真!(※本人から元写真をお借りしました。)

なるほど、この写真が照明器具に使用されていたんですね〜!

 

3つ目に紹介するのは、

image22

インパクトのある1文字ポスター!!!

image11

文字といえば、「文字プロジェクト」でしょう!

学生自身がコンセプトを立て、オリジナルの仮名書体をデザインし、フォント化する授業。文字表現の可能性を体現していくプロジェクトです。

 

4つ目はコチラ、

image23

独特な個性を放つ「模様プロジェクト」!

自然のモチーフや日々の移ろいから「模様」を作り、様々な素材に展開していきます。

image24

不思議な模様が集まってますね…!

 

5つ目はコチラ!

image5

フィールドデザインプロジェクト

自然から、自然と自分との関係性を知り、自身の思想や表現に反映、展開するプロジェクト。ネイチャーゲーム(目隠しをしながら木に抱きつくなど、五感を使って自然を直接体験する野外活動を指す)や京都の美山(京都府のほぼ中央に位置し、府下一番のその広大な面積の大分を森林が占める農山村地域)で体験したことを、それぞれの作品で表現しました。

image18

こちらの作品は、美山で食べたご飯をイラスト化したもので、なんとパズルのように取り外し可能!ちなみにイラストの裏面には説明文が入ってます!

 

6つ目はコチラ!

image6

こちらは「ソーシャルカフェプロジェクト

実は私ちいさかも、このプロジェクトに参加しておりました。

「学生たちだけで無料のカフェを作る」という難題を与えられた私たち総勢10人のメンバー。

どうすれば「無料の仕組みが成り立つのか?」という壁にぶち当りながらも、何とかカフェを完成させることが出来ました。

 

カフェのコンセプトは「本がお金の代わりになる」。

本の物々交換をすることでドリンクが貰えるというブックカフェをOPENさせちゃいました!

image20

その名もTRADE BOOKS CAFE

夏休み期間を使い、「東急ハンズ 京都店 1F」にて開催させていただきました。

 

7つ目はコチラ!

image1

壁中にアイデアペーパーが!?

image3

そうなんです、これもプロジェクトの1つ。

 

グッズプロデュースプロジェクト

今までにない新感覚のガチャガチャアイデアを1人100案制作。その中から一押しアイデアを選び、ガチャガチャメーカーさんへ向けてプレゼンを行いました。

image21

こんな風に、アイデアペーパーをガチャガチャマシンに入れてもらうことも。

 

8つ目は、コチラの体験出来る作品です!

image28

タブレット端末を使って遊べるゲーム…「すべらにゃいと」!

様々な猫のキャラクターを地面で滑らさせ、的当てゲームのようにして楽しむことが出来る作品。

私も体験してみましたが、猫が滑る様子がとても可愛らしく表現されていました!

image9

こちらは選択したキャラクターの食生活を管理し、太らせることも痩せさせることも出来る栄養サポートゲーム。

タッチパネルに触れるとキャラクターが反応し、目線を動かす様子が何ともリアル…!!

 

そうこれらのプロジェクトは「WEBコンテンツプロジェクト

各チームに分かれて、独自のテーマで制作したコンテンツを、ネットを駆使していかに認知されるかを試したプロジェクトです。

 

9つ目はコチラ!

image10

ムービー&グラフィックスプロジェクト

ミュージシャンの高野寛さんのミュージックビデオを制作したそうです。

学生たちは高野さんとアイデアを出し合い、ミュージックビデオだけでなく、楽曲の制作から携わっていただきました。

image15

学生たちは一体一体動きの違う人形を制作し、コマ撮りの映像を撮影。

気の遠くなる作業…!!

 

10個目はコチラ!

image26

ドット絵がとても可愛いゲーム…!

image4

ゲームアプリプロジェクト

ディレクター、プランナー、グラフィッカー、プログラマーという役割でチームを構成し、オリジナルゲームアプリを制作。実際に配信しました!

 

最後になります11個目は、、

 

個人研究プロジェクト

各自が独自のテーマを設定し、個人で研究発表を行いました。

テーマ設定、企画、発表、などを授業の中で何度か重ねていき、個人研究を進化させました。

image27

グラフィック作品や、

image25

アニメーション作品や、

image12

そして私ちいさかも、京都精華大学デザイン学部WEB編集部で執筆した記事やコラムをマップにまとめさせていただきました!

 

以上が、「セイカMARBLE展」で展示された11のプロジェクト紹介でした!

それぞれの個性が光る作品は、まさにラテン語で”輝く石”を意味する「MARBLE」そのもの。「セイカMARBLE展」の名前の由来はここからきていたんですね。

 

高校3年生と大学3年生、年齢は違うけど、何かに対し「好き!」と感じる気持ちを持っていることは同じ。

大学4年目にして私は、その気持ちを深く掘り下げていけば、自身の作品に個性が滲み出てくることを学びました。

 

高校3年生のみなさんも、今ある自分の「好き」を無くさず大切にしてください。その「好き」は、将来を過ごしていくなかできっと活かされてきます。

 

大学生になった未来のみなさんが、自身の自由な発想で個性豊かな作品を生み出せますように…

ちいさかはいつでも願っています!