MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

セイカを
もっと身近に!

在学生やコースごとのブログ、進路・就職情報など、
学生生活を身近に感じてもらえるコンテンツが満載

  • セイカ探検隊
  • コースブログ
  • 進路就職

メンバー登録して
最新情報をGET!

「SEIKA MEMBERS」に登録すれば、
お得な特典や受験に役立つ情報がもらえる

  • スイーツ
    無料券
  • 抽選で豪華
    プレゼント
  • イベント
    特別優先席

ログインはこちら

0711_sum.jpg

オープンキャンパス

2018.07.11

【マジ実証】今年のAO入試は専門知識がなくてもできるのか!?

西健太

西健太(ポピュラーカルチャー学部音楽コース)

皆さんこんにちは。音楽コースのニシです。
7月になりましたね。日がな暑さが増す毎日です。でもじつは、セイカがある左京区の岩倉は京都の中心部に比べて、幾分か暑さがましなんです。日が沈めば冷房いらずの日があることもザラ。まあ、それでも「幾分かまし」程度なので、暑いことには変わりないんですけどね(笑)。

さて、余談はさておき、今回のブログは京都精華大学のAO入試を受験しようか迷っているあなたにぴったりの内容なのです。

なんと!「今年のAO入試は専門的な知識がなくてもできる!」という耳寄りな情報を聞きつけたので、4月29日のオープンキャンパスで実際に挑戦してみました!

この日のオープンキャンパスでは、大学のそれぞれの学部で「AO体験入試」が行われていました。この体験入試では実際に試験で行われる内容を体験することができるんです。どの学部でも1日に2回開講しているので、午前と午後に別々の学部を体験する、ということもできます。学部選びに悩んでいる人も安心です。


今回、僕が体験してきたのは、デザイン学部のライフクリエイションコースのAO体験入試。

 

0711_01.jpg

ここはキャンパスの北側にある風光館。建物の中には建築コース、陶芸コース、イラストコース、プロダクトデザイン学科の実習室があります。

 

0711_02.jpg
ライフクリエイションコースのAO入試のテーマは「京菓子のパッケージをデザインしよう〈立体篇〉」。

体験入試では、自分のアイデア、自分の手を使ってパッケージを組み上げ、中身のお菓子の種類や、パッケージデザインを何にするか考えます。

果たして、デザインの知識や経験が一切ない僕にも完成できるのでしょうか!?

 

0711_03.jpg
まずは、スタッフを含めた全員の自己紹介からスタートです!

初めに、先生からパッケージについての説明が。
先生「パッケージにはいくつか役割があります。1つは中身を保護するという役割、そしてたくさんの人の手に取ってもらえるような見た目を演出することです。京菓子という伝統のあるイメージから、渋いデザインを思い受かべる人がいるかもしれませんが、今はモダンなデザインもたくさんあるんですよ」

 

0711_04.jpg

先生「なので、既存のイメージにとらわれず、自由な発想で京菓子のパッケージについて考えてみてください」

実際に売っているサンプルを見せながら話す先生に、高校生の皆さんは興味津々な様子で耳を傾けています。

 

0711_05.jpg

そして、体験入試で使うパッケージはこちら!画用紙に印刷されている線を切ったり折ったりして、ペーパークラフトのように組み立てます。
パッケージは5種類用意されていました。今回は時間の都合上、素材は紙だけですが、実際の入試には他の素材も使うそうです。

ちなみに、僕は奥から2番目の台形の箱を選びました。

 

0711_06.jpg
全員がパッケージを選んだところで作業スタート!一斉にカッターを手に紙を切り始めます。

 

0711_07.jpg

そして作業開始から10分後、なんとすでにパッケージを組み立てている子が1人!

 

0711_08.jpg

ちなみに僕はまだこんな感じでした…………。

先生いわく、用意したパッケージの中で1番複雑なんだそうです。生来の不器用である僕が、時間以内に組み上げることができるのでしょうか?

 

0711_09.jpg
さらに作業すること数分後、学生スタッフの方に手伝ってもらいながら、なんとか完成!

 

0711_10.jpg

でも何か形が違うような…………。
(右がお手本、左が僕の作品です)

糊付け位置を間違えて形が少々おかしくなってしまいましたが、なんとか先生にOKをもらい、今度は中身のお菓子を考えます。

 

0711_11.jpg

それぞれ、思い思いにお菓子を画用紙に描いていきます。

 

0711_12.jpg
一応「雷おこし」を描いているつもりなんですが、皆さん分かりますか?ちなみに雷おこしは「このパッケージにはこれしかない!」と直感で選びました。
アイデアを画用紙に描くことさらに数分後...完成です!

 

0711_13.jpg
ちょっと物足りない感じもしますが、先生に聞いたら「体験入試なのでこれでもOK」とのことです。実際の入試では、これに加えてパッケージデザインも作ります。

 

0711_14.jpg
完成したら、みんなの前でパッケージの予想と中身についてプレゼンテーションをします。今回の体験入試では時間がなかったので、描いたのは中身のイラストだけでしたが、自分の想像するパッケージデザインも発表します。

 

0711_15.jpg
プレゼンの後には、みんなで京菓子を食べながらワイワイ雑談してAO体験入試は無事終了。


さすがに「僕ぐらいのクオリティでも大丈夫なのかな」と不安に思い、先生にこのAO入試のポイントについて聞いてみました。


先生「実際の入試ではパッケージデザインまで描いてもらいますが、私たちが見ているのは、パッケージデザインのうまいへたや、パッケージの組み立て作業時の手際を見ているわけではなく、

『自分の手を使って作品を作ることへの向き合い方』

『次につながっていくような豊かな発想力』

『プレゼンの時に自分で考えて自分の言葉で話すこと』

を見ています」
とのこと。

確かに僕もデザインは一切できませんが、パッケージの組み立ててデザインや中身のアイデアを考えることは難なくできました。僕みたいに未経験の人、専門的な知識がない人でも、この入試を受けられると思います。

大切なのは、なんと言っても発想力!先生たちをあっと驚かせるような作品を作っちゃいましょう!


AO体験入試は7月22日のオープンキャンパスでも、もちろん開講します!気になった方はぜひオープンキャンパスへ足を運んでみてくださいね〜!


7月22日開催のオープンキャンパスの詳細はこちらから!
https://meets-seika.jp/events/20180722

foot_members_tit01.svg

会員登録で限定特典を
GETしよう!