MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

セイカを
もっと身近に!

在学生やコースごとのブログ、進路・就職情報など、
学生生活を身近に感じてもらえるコンテンツが満載

  • セイカ探検隊
  • コースブログ
  • 進路就職

メンバー登録して
最新情報をGET!

「SEIKA MEMBERS」に登録すれば、
お得な特典や受験に役立つ情報がもらえる

  • スイーツ
    無料券
  • 抽選で豪華
    プレゼント
  • イベント
    特別優先席

ログインはこちら

0215_n2.jpg

セイカの教員

2019.02.15

あなたの文章が生まれる! ~卒業論文を書くということ~

中川 祐太朗

中川 祐太朗(人文学部 文学専攻)

どうも、こんにちは! セイカ探検隊の中川です。

さてさて、年も明けて卒業の季節が近づいてきましたね。卒業といえばみなさんは何を思いつきますか? 僕は卒業ソングですね。川島あいさんが歌う「旅立ちの日に」が特に好きです。
次に思いつくのは……桜の木? 涙の卒業式? いやいや、大学生といえばやはり卒業論文!
そこで今回は、卒業論文(以下卒論と明記)をテーマにインタビューをしてきました!

 

今回インタビューを受けてくださったのは、人文学部の学生主任を務める、田村有香(たむらゆか)先生です!

田村先生は人文学部社会専攻の教員であり、京北宇津宝さがし会(※1)とフラメンコ同好会の顧問でもあります。僕がスペインへ留学した際の担当も田村先生だったんですよ!

※1 宇津地域の活性化を目的とした京都精華大学の団体。子供たちや宇津地域の人たちとの関りを通して、文字では感じられない豊かな情報(京北地域のお祭りの手伝いなど)を得る活動を行う。

 

――早速ですが、人文学部における卒論とは何ですか?

田村先生
卒論は人文学部を卒業するうえでの必修の科目。
フィールド・プログラムをはじめ、これまでの研究や学びで培ってきた大学生活4年間の集大成やね。

 

ーー卒論のテーマって学生はだいたいいつごろに決めるものなんでしょうか?

田村先生
大学に入った時から学びたいテーマを持っていて、それを卒論のテーマにする人もいるし、3年次前期の「フィールド・プログラム(※2)」で調査したことを、卒論で深めて考えるという人もいるよね。後者の場合は事前学修である2年次の「現場学(※3)」で決める形になるんかな。フィールド・プログラムをやってみて違うと感じた人や、やりつくしたと思う人は終わった後に別のテーマを決めるね。

※2 京都精華大学人文学部の必修科目の一つ。専攻問わず半年間大学の外(現場)で自分が決めたテーマについて調査をする。国内外場所はさまざま。
※3 フィールド・プログラムのテーマ決めや、フィールド・プログラム先においての安全管理などを担当する教授と共に学び、考える授業。

 

――決める時期は人それぞれなんですね。やはり早くテーマを決めた方が良いのですか?

田村先生
もちろん、早く決めるのも良いんやけど、それが変わっていくこともあるよね。
大切なのは、テーマについて調べていくなかで壁にぶつかった時、それでもまだ調べたいと思えるテーマなのかどうか、ちゃんと考えたうえで選択をするということ。どこまで興味を持っていて思い入れがあるのか、それが重要やね。
あと、ときどき書きやすいテーマを教えてくださいなんていう学生がいるんだけど、そんなテーマなんてないから! どのテーマもやっていくうちに絶対に壁にぶつかるねん。

 

――確かに、僕もフィールド・プログラムの最中何度も壁にぶつかることがありましたね。辛くて泣いた時もありました。今では良い経験です。
卒論はとても書く枚数が多いですけど、どんな人でも書けるようになりますか?

田村先生
もちろん。
卒論は4年間の授業の集大成やから。
まず、1年次は「初年次演習」や「ことば演習」を通して基礎を学んでもらう。
「初年次演習」では「問い(疑問)」を調べることと、深めることを学びながらレポート形式で書くことを身につけてもらうね。
卒論は自分の言葉で表現してもらわないといけないから、「ことば演習」では言葉を使うことに慣れてもらう。
2年次になると「社会創造概論と演習」、「フィールド・プログラム概論」(※4)、「地域学」(※5)、「現場学」といった授業で、社会との接続を考えていくね。「現場学」では3年次前期で行うフィールド・プログラムの準備をしていくかな。
3年次前期はフィールド・プログラム行い、後期から卒論に向けて専門演習(ゼミ)で話し合っていくね。
専門演習のクラスは2年次の前期に決まってから卒業するまでやっていく。
これらの授業が全て繋がって卒論へと花開いていくというわけやね。

※4 フィールド・プログラムを行う上での調査の方法を学ぶ授業。
※5 フィールド・プログラムの滞在先を決めるために、各国の状況などを学ぶ授業。

 

image1.jpg
「初年次演習」の様子。この写真は1年生の授業にお邪魔したときに撮影したもの。テーマがとても興味深い。
この授業では前期・後期の2回、それぞれが調べたテーマについて発表し、レポートを書きます。
僕もこの授業でレポートの基礎を教わりました。1年生にとって最も大切な授業のひとつです。

 

――なるほど。4年間の授業を通して初めて卒論が書けるんですね! まさしく、卒業論文は1日にしてならずです。
田村先生は実際に卒論を書いている学生に対して、どんなことを注意しながら指導していますか?

田村先生
そうやね。まずは、自分の文章と他人の文章をはっきりと区別させることやね。「他人の文章はこう書いてあった!」と、表記することは基本中の基本。どんな論文でも材料を明らかにすることは大事やね。
あとは「自分の言いたいことをもう他の人が言ってくれている」といって研究を諦めかけてしまう学生が必ずでるんやけど、絶対そんなことないんやわ。

 

――どういうことでしょうか?

田村先生
それは調査や研究の最初でみんな思うことなんやね。「なんや、ここまでもう調べられているのか」ってね。だけど、だんだん調べていくうちにな、自分と全く同じことを思っている人はいないことに気付く。
このことを説明するとき私はよくタンクの例えを使うんやけどな、タンクにひとつの素材しか入ってないと同じ素材しか出てこないやん。それじゃあコピー&ペーストなんやね。そうじゃなくてタンクの中に100の素材を入れて消化させ、ひとつに研ぎ澄ましたものを蛇口から出すことが大事。
タンクの中の100の素材、つまり頭の中に取り込んでいった数多くの資料を研ぎ澄ましていった先に1となる自分の文章や考えが生まれるんやね。

 

――なるほど。
それではこれが最後の質問になります。田村先生が感じる学生の卒論のおもしろさを教えてください。

田村先生
うーん。以前セイカの先生をしていた井上有一さんの言葉なんやけど、「書くことは考えること」なんやね。だから、卒論である程度まとまった量の文章を書くとなると、ものすごくたくさんのことを考えることになるやん。その考えたことは私たち教員の想像を越えてんねん。
数枚程度のレポートでは見られない考えの深まった文章や私たちも考えつかなかったものすごい発見が卒論では見られる。だから、教員も逆に教えられることが多い。それがおもしろさかな。

 

――違う視点の発見がおもしろさということでしょうか?

田村先生
そうやね。先に話したタンクの例えと同じで、私が同じテーマで書いたとしても同じ文章にはならないから、完成したものを見たとき、「全然私の考えてることと違うやん!」ってなるよね。
あとは、1年生や2年生の頃から見てきた学生がね、4年生になり1年間かけて書いた卒論を見たとき、成長したなあって実感できるときは嬉しいよね。

 

――なるほど。親心というのでしょうか、成長の瞬間が見られるのは嬉しいですよね。僕も論文を書いて先生に成長した姿というものを感じてもらえるように頑張ります!


それでは、これにてインタビューを終わります。
田村先生、ありがとうございました! これからもよろしくお願いします!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

foot_members_tit01.svg

会員登録で限定特典を
GETしよう!