MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

セイカを
もっと身近に!

在学生やコースごとのブログ、進路・就職情報など、
学生生活を身近に感じてもらえるコンテンツが満載

  • セイカ探検隊
  • コースブログ
  • 進路就職

ログインはこちら

manga_pc.jpg

manga_sp.jpg

世界を魅了しつづける、マンガを学ぶ。

マンガ学部は、マンガに関することすべてを専門に学べる日本で唯一の学部です。ストーリーマンガやカートゥーンといった各ジャンルに対応したマンガ学科4コースと、アニメーション制作に特化したアニメーション学科1コースで構成されています。40年以上におよぶマンガ教育・研究の成果を礎に、世界へ羽ばたくマンガ文化の担い手を育てています。

あらゆる違いを乗り越えられる
マンガという世界共通のコトバ

manga_001.jpg

かつて日本のマンガやアニメは、おもに子どもを中心とした、日本人による日本人のための娯楽の一つでした。それが今では、国境を超え、民族や宗教の違いをも超えて、世界中の人びとから愛されるジャパニーズ・カルチャーの代表格となっています。 一枚の絵にメッセージを込めるカートゥーンや、ドラマチックな世界へいざなうストーリーマンガなど、ジャンルは多岐にわたりますが、すぐれた作品には必ず、人びとの心を動かす大きな力が備わっていいます。マンガやアニメを学ぶことは、世界中の人びとに勇気や希望をあたえ、人びとを結びつけるための第一歩なのです。

マンガ学部の3つの特色

Topics 1
第一線で活躍する
トップランナーが指導

マンガ学部の教員はマンガやアニメーションなどの分野をリードしてきたトップランナーばかり。自らの経験から得た、読む人・みる人の心をつかむ作品を生み出すノウハウを直接学ぶことができるのは、京都精華大学のマンガ学部ならではの魅力です。

  • PHOTO

    新世代マンガ

    田中 圭一『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』 ©田中圭一/KADOKAWA

  • PHOTO

    新世代マンガ

    おおひなた ごう『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』 ©おおひなたごう/KADOKAWA

  • PHOTO

    カートゥーン

    篠原 ユキオ「あこがれ」

  • PHOTO

    カートゥーン

    姜 竣『紙芝居と〈不気味なもの〉たちの近代』青弓社

  • PHOTO

    キャラクターデザイン

    すがや みつる『ゲームセンターあらし』©すがやみつる/小学館

  • PHOTO

    キャラクターデザイン

    村田 蓮爾『ラストエグザイル―銀翼のファム― Over The Wishes』©2016 GONZO/ファムパートナーズ

  • PHOTO

    ストーリーマンガ

    さそうあきら『マエストロ』©さそうあきら/双葉社

  • PHOTO

    ストーリーマンガ

    都留 泰作『ムシヌユン』©都留泰作/小学館

  • PHOTO

    ストーリーマンガ

    下村 富美『仏師』小池書院

  • PHOTO

    ストーリーマンガ

    板橋しゅうほう『Hey!ギャモン NEW CYBORG BLUES』©板橋しゅうほう/三栄書房

  • PHOTO

    アニメーション

    田中 達之

  • PHOTO

    アニメーション

    数井 浩子『ふしぎの星の☆ふたご姫』

  • PHOTO

    アニメーション

    若林 和弘『七つの大罪』©鈴木央・講談社「七つの大罪 」製作委員会・MBS

  • PHOTO

    アニメーション

    坂本 拓馬『ベルセルク黄金時代篇Ⅱドルドレイ攻略』2012年 ©三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

Topics 2
多角的な視点を身につける
学部共通科目

マンガ学部では、全コースの学生を対象とした「マンガ学部共通専門科目」を設置。スマートフォンに対応したゲーム制作や液晶タブレットを使った作画などのデジタルスキルを習得する授業、マンガ雑誌の編集手法を学び企画力をやしなう授業など、専攻分野を超えた幅広い授業を通して、社会で求められる多角的な視点をもった表現力を身につけます。

  • manga_016.jpg
  • manga_017.jpg

Topics 3
プロデビューする
在学生・卒業生が続々

毎年多くの学生がデビューや受賞を果たすマンガ学部。それはプロになるために必要な力が身につくカリキュラムと、デビューをサポートする体制が整っているから。長期連載作品やアニメ化・映画化される人気作品を手がける卒業生も多数輩出しています。