MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

セイカを
もっと身近に!

在学生やコースごとのブログ、進路・就職情報など、
学生生活を身近に感じてもらえるコンテンツが満載

  • セイカ探検隊
  • コースブログ
  • 進路就職

ログインはこちら

京都精華大学の学び

2017年度よりはじまった本学のオリジナル教育プログラム「SEEK」。より豊かな専門性と、教養と社会展開力の獲得を目指し、学部を横断して幅広い知を育みます。

SEEKとは?
「Socially Engaged Educational Key」の頭文字をとったもの。「社会につながる教育の鍵」と訳すことができる。また、SEEKそれ自体には「さがす、求める、探求する」という意味がある。自分の専門性をより豊かなものにするため、教養と社会展開力を身につける本学のオリジナル教育プログラム。

社会展開力を身につける
全学共通教育科目「SEEK」に ついて

京都精華大学が持つ、芸術、デザイン、マンガ、ポピュラーカルチャー、人文の専門性が「木の幹」だとすると、2017年に新しく設置した教養科目はそれを支える「根」、そして副専攻科目は「枝葉」であると考えています。
これまで本学が培ってきた高い専門性を、教養という根を広げることで支え、環境の変化を感知して伸びる枝葉のように副専攻が社会との接点を創出する。専門・教養・副専攻という3つの要素を併せ持った新たな教育システムが、高く世界を見通す大樹のように、社会展開力をもつ革新的な芸術・文化人を育成します。

 

 

変化する社会をリードできる
人間を育成する

日々目まぐるしく変化していく社会。その環境に適応し、かつ自らがリードする人材を、京都精華大学は育成していきます。

領域横断的な課題

景気低迷や少子高齢化といった国内の課題にも、難民や紛争といった世界的な問題にも、絶対的な正解があるわけではありません。今後さらに増えるであろう、これらの複数領域にまたがる課題に取り組むために、幅広い知識、柔軟な視点、論理的な思考力などが重要になっていきます。

AIやロボットの進化

ロボットや人工知能(AI)の発達により、わたしたちの仕事の多くは機械に取って代わられる可能性があります。そういったなかでも、アートやクリエイティブといった人間にしかできない発想や感性を活かした仕事は、社会における競争力を失わず必要とされると期待されています。

社会のグローバル化

かつてないスピードでグローバル化が進む現在、どのような分野で働くにしろ、海外と無関係ではいられません。グローバル化した社会で活躍するために、語学力はもちろん、海外や日本への知識、異文化を理解し受け入れる力は、今後さらに求められるようになっていくでしょう。