MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

セイカを
もっと身近に!

在学生やコースごとのブログ、進路・就職情報など、
学生生活を身近に感じてもらえるコンテンツが満載

  • セイカ探検隊
  • コースブログ
  • 進路就職

ログインはこちら

edu_art_pc_main.jpg

edu_art_sp_main.jpg

多様な表現を学び、真の表現者へ。

芸術学部では、洋画、日本画、立体造形、陶芸、テキスタイル、版画、映像の7つの専門コースを展開。絵画や彫刻はもちろん、伝統工芸から最先端のメディアアートまであらゆる芸術表現について学べる学部です。全国トップクラスの充実した施設・設備や、少人数クラスでのきめ細かな指導のもと、多様なスキルを身につけることができます。

描くこと、つくることを通じて
未来を切りひらく創造力を高める

edu_art_m_01.jpg

芸術とは、自分の手でものをつくる表現。言葉ではなく、自分の手でものをつくる芸術を学ぶことは、美しさとは何か、世界がどのようにあるかを探求すること。つまり、わたしたちが生きる社会や未来に向き合うことでもあるのです。 芸術学部では、テーマやモチーフに真剣に向き合い、手を動かして描く、あるいはつくることで、その本質をとらえてかたちにする力をやしないます。そうして何かをかたちづくりながら、世界を見つめ、世界を考える力が高められていく。それが創造力と呼ばれるものです。確かなこたえがない時代だからこそ、高い創造力をもった人間が、今この社会でもっとも求められています。

芸術学部の4年間の学び

芸術学部のカリキュラムの特徴は「2年進級時に希望の専攻を選べる」ことです。入学して1年間は、専門性に閉じるのではなく、領域を横断的に学ぶ教育機会を重視。まずはさまざまなジャンルに挑戦し、自分では気づかない適性や可能性の発見と、一人ひとりにあった専門選びができます。

 

1年次
表現者としての土台を築く

1年次の学部共通カリキュラムとして、「体幹教育」「メチエ基礎」の2つを推進。表現者にとって大切な観察力、思考力、創造力、コミュニケーション力などをやしないながら、専門領域への導入を図ることで、自身の専門性をより深めたり、新たな表現の可能性を発見したりすることが期待できます。

2・3年次
目標に合わせて選べる専門分野

洋画、日本画、立体造形、陶芸、テキスタイル、版画、映像の7つの分野から1つを選び専攻します。2年間をかけて専門分野をとことん追究していくことで、やりたいことをかたちにするための技術と表現力にみがきをかけます。

4年次
学びの集大成を作り上げる

これまで学んだことをもとに、数あるゼミのなかから興味に合ったゼミを選び、さらに表現を追究します。ゼミでは教員とコミュニケーションをとりながら、学びの集大成となる卒業制作に取り組みます。

  • art_005.jpg

    専門ゼミ

    多種多様にあるゼミのなかから突き詰めたいテーマを選び、表現をさらに追究していきます。

  • edu_art_4nen_02.jpg

    卒業制作

    学んできたものを総結集させ卒業制作に取り組み、4年間の集大成を仕上げます。