MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

ログインはこちら

n6-1-768x575.png

授業を覗いてみよう

2016.09.16

建築学科の、授業での制作物を見せてもらおう!

西 健太

西 健太(ポピュラーカルチャー学部 音楽コース)

みなさんこんにちは!ポピュラーカルチャー学部のニシです!

 

9月に入って、夕方ともなれば肌寒く感じる日も増えてきましたね。昼と夜の寒暖差が激しい季節ですから、皆さん体調管理には気をつけてくださいね〜!

 

 

 

さて今回は、デザイン学部 建築学科 2年生の森 圭太郎さんに、授業での制作物についてお話を聞いてきましたよ〜!

オープンキャンパスでは見えてこない、リアルな精華の学びの様子は見られるかも?

 

 

n1

(デザイン学部 建築学科 2年生の森 圭太郎さん)

 

 

じつは森さん、入学時はポピュラーカルチャー学部 ファッションコースに在籍していました。

ファッションを勉強する一方で、建築の分野にも興味があった森さんは、1年生の後期に建築学科への転学科を決め、今は『ファッションと建築』をテーマに、日々研究を続けています。

 

そんな森さんに、建築学科 2年生の授業である「設計基礎1」で制作した課題を3つ見せてもらいました!

 

 

n2

(課題作品1)

 

まずはこちらの作品から。

この作品は「身の周りのものを使って照明を作る」というお題に沿って作られたものです。

 

なんの素材で作られているか分かりますか?

 

……なんと、段ボールで作られているんですよ!

僕は最初見たとき、金属か何かの素材でできていると思ったので、段ボールと聞いた時は本当に驚きました!

 

 

n3

 

この作品の特徴は、段ボールの板を一枚一枚計算して裁断し組み合わせているため、角度によって光り方が調節できることです。何も手を加えてない板と、光が通らないように細工された板を積み重ねていくと、上の写真のような光り方になります。

照明としてきちんと機能するだけではなく、段ボールを再利用するということも考えて設計してあるんだそう!

 

隙間から漏れる光が、神秘的な気がしませんか?

 

 

キレイな光に癒された次は、この作品です!

 

 

n4

 

(課題作品2)

 

続いては「紙で動物を作る」という課題で作成された作品。薄い紙に、丁寧に模様を切り入れ、トンボを作っています。

この作品では、「頭の中の想像を、手を使って形にしてみる」ということが重要な課題だったそうです。

 

細かい羽の模様や、羽を波打たせることで立体感はもちろんですが、躍動感も伝わってきます!

 

 

 

そして最後は、前期最後の課題!

 

 

n5

 

(課題作品3)

 

前期の集大成ともとれるこの作品のタイトルは『冒険家の家』。

独創的で素敵なデザインです。

「冒険家が旅から帰って、身体を休めるための空間」を想像して作られた作品で、居住空間の下の部分はフリースペースとして活用できるように設計してあるそうです。

 

僕にとって、建築といえば直線的で固い印象があるのですが、この作品はまるみを帯びた優しい印象を受けました。こういった印象を受けるのも、身体を休める家ならではのものだと思います!

 

 

そしてなんと、この作品は学生たちの投票によって優秀作品に選ばれました!

優秀作品に選ばれると、国内外の建築家や批評家の前でプレゼンテーションができる機会が与えられるそうです。

学生の頃から、プロ相手にプレゼンテーションができるのは非常に良い経験が詰めますね!

 

 

n6

 

森さんいわく、この授業で学んだのは「作品を作るときに、こころがけておくべきポイント」。実際に人が入る建築物だと思って作ることで、森さんも、人が過ごしやすい空間とはどんなものかを想像しながら制作できたそうです。

 

 

 

最後に、高校生のみなさんに向けてコメントをもらいました!

 

「僕が言いたいのは『道はたくさんある』ということですね。だから、精華大だけに絞るんじゃなくて、いろんな大学のオープンキャンパスに行って、自分の目でいろんな選択肢を作ることが大切だと思います。

 

それに一度、京都精華大に興味が湧いたなら、オープンキャンパスでは、自分の行きたい学部だけでなく、他の学部も見にいくと良いと思います。精華はいろんなコースがあるから、自分が本当にやりたい分野が見つかると思います。」

 

 

森さん、ありがとうございました!

 

 

 

オープンキャンパスは今後も開催されるので、森さんがおすすめしていた、いろいろな学部の見学をぜひ試してみてくださいね!また、オープンキャンパス以外でも随時見学を受け付けています。そちらもぜひ活用してくださいね!

 

それでは今日はこの辺りで!また次回!!