MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

ログインはこちら

n1.png

セイカの学生

2016.08.08

学外に飛び出した学生たち Case.1 じん荘 〜光と音でつくる出会いの空間〜

西 健太

西 健太(ポピュラーカルチャー学部 音楽コース)

みなさんこんにちは!ニシです!

いよいよ夏らしくなってきましたね。この時期になると「北海道に移住したい…」と思っちゃうのは僕だけでしょうか?

 

さて、今回は「じん荘」というポピュラーカルチャー学部の学生3人で結成されたクリエイションチームの取材をしてきました!

 

n1

 

左からメンバーの河野寿起さん、手島すみれさん、益戸優さん。

 

じん荘は『何気ない空間を使い、人と人を繋げる空間を作りたい』ということをコンセプトに活動しています。

精華生なら、食堂二階やラウンジでDJをしたり、おいしいフードやドリンクを提供しているしている謎の3人組を見たことがあるかもしれません。

実は、彼らがじん荘なのです!

 

そんなじん荘が、今回はkara-Sでイベントをするという情報を聞き、遊びにいってきました!

 

kara-Sとは四条烏丸にある京都精華大学の学外サテライトスペースのことで、学生たちの展覧会が開かれたり、作品が販売されたりしています!

もちろんそれだけでなく、ワークショップやトークイベントといった様々な催しが開かれているので、みなさんぜひチェックしてみてくださいね〜!

 

n2

 

 

 

今回じん荘は、「“いつも”と少し違う」をテーマに、kara-Sを不思議な空間に作り変えていました。

 

n3

 

お店を訪れると、無数の赤と白の豆電球が店内を照らしています。

イベントの開催が祇園祭の前祭宵山と同じ日程(7/15~16日)ということで、お祭りの提灯をイメージした照明にしたそうです。

いつもの店内とはと雰囲気が変わって、なんだか不思議な感じです。

 

 

n4

 

n5

 

店内にはたくさんの素敵な作品が展示してあり、僕も取材を忘れて見て回っていると……

 

 

n6

 

突如DJ機材が!

今日はここでDJもするそうで、スピーカーと共に店内に設置されていました。

普段kara-Sに来ない人が、「じん荘がDJをする」ということを聞いてkara-Sを訪れ、いろんなアーティストに出会ってほしいという狙いなんだそうです。

 

 

じん荘はこれからさらに学外での活動を予定していて、より幅広いジャンルとのコラボを考えているそうです!

またkara-Sとも11月、12月頃にイベントをやるかもしれないとのことなので、記事を読んで気になった方はぜひチェックしてくださいね〜〜!

 

それでは今回はこのあたりで!

また次回!