MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

ログインはこちら

a4.png

セイカの学生

2016.10.27

学外に飛び出した学生たちCase.3 〜”陶芸コースの貴公子”にズームイン!!〜

青山 千佐果

青山 千佐果(デザイン学部 デジタルクリエイションコース)

ここ最近、急に風が冷たくなりましたね〜。みなさんこれが、「季節の変わり目」ですよ〜!

風邪など、体調には気をつけてくださいね……!

 

何か秋っぽい事をして季節を感じたい、デザイン学部 3回生の“ちいさか”です。

 

 

さて、今回私は、初の取材に行ってきました!

 

初取材のお相手は……

 

芸術学部造形学科陶芸専攻 2回生の野田くん。

彼のデスクには洗練された美しい陶芸品たちが並べられていて、それは彼の風貌にも表れているように思われます。

陶芸に対する姿勢は人一倍真摯で、まさに陶芸コースの貴公子!

 

a1

 

 

なぜ私が、彼の取材を思い立ったのかというと……

 

私は以前、授業の一環で学外イベントを行いました。

そのイベントで、精華生の作品を販売したいなぁということになり、精華大のサテライトスペースである「kara-S」さんで販売中の作品を、いくつかお借りすることにしたんです。

そのときお借りできた作品の中に、 野田くんの陶芸作品がありました。

 

野田くんが販売しているのは、マグカップやコーヒーカップなど。

 

a2

(上段に写ってるのが野田くんの作品です)

 

とても魅力的な曲線をしているカップなんです。

イベント開催中は、外国人の方が買っていかれる光景が目立ちました。

 

「こんな素敵な作品を作っているのはどんな人なんだろう?」

ふと気になった私は、今回初めて取材に繰り出してみたというわけです!

 

 

a3

 

主に電動ろくろを使って、器やお皿を作っているという野田くん。

 

お邪魔させていただいた陶芸の工房には、野田くんによる作品がズラリ。

どれも繊細で美しい……!

 

陶芸作品の制作をする際、野田くんには“こだわり”があるようで。

器などの底には「高台(こうだい)」と呼ばれる、器を安定させるための出っ張りがあり、この部分もフォルムの一部と考えて、器本体と馴染むように、カーブの効いた滑らかな曲線を意識して制作すること、だそうです。

 

直線とは違い正解が分かりづらいのですが、少しの意識すれば簡単に作れる部分なんだとか。

 

 

野田くんの作品を見分けるにはそのフォルムに注目してみましょう!

 

a4

 

 

う〜〜〜〜〜ん。

確かにどの作品も、高台と本体の間には滑らかな曲線になっていますね……!

見ていて気持ちの良い作品とは、まさにこのことではないでしょうか。

 

野田くんのフォルムへのそういった意識は作品名にも表れています!

制作の際に「水」に関係するモチーフを常に意識していて、作品名にも「さんずい」や「うかんむり」がつく漢字が多くつけられているのです!

例えば、「溶」「渇」「潤」といった作品名があるそうな。

 

野田くんの中でもフォルムはかなり重要なものであるということでしたが、そういった「水」を表現したフォルムを強く押し出すために、テカリのない釉薬ゆうやく(陶器の表面を覆っているガラス質の部分)を使ったり、フォルムの邪魔にならないような色や釉薬を選んだりしているんですって。

 

 

a5

 

ちいさかは、この作品が好きです。

曲線と白い模様の隙間に見える、クリーム色との配色がとても素敵で思わずパシャリ。

 

野田くんは陶芸をする際、「自分が欲しい」と思うものを作っています。

それが他の人に共感してもらえると、「上手くいっているな」と嬉しくなるんだとか。

 

途中、焼き釜を見せてくれるということになり、早速そちらに向かいました!

 

 

a6

 

おおお!かなり大きい、そして熱いです!

よーく見てみると、中には焼き真っ最中の作品が……!

 

焼かれ具合を度々見にくる必要があり、ときには、学校に泊まり込みで見張りをすることもあります!

 

 

a7

 

そしてこちらの焼き釜は、なんだかより本格的……!

壺など、大きな作品を焼く際に使われる焼き釜なのだそうです。

 

は、初めて見ました!! すごい迫力!

 

 

a8

 

最後に、野田くんがkara-Sさんで作品のフェアを開催すると教えてくれました!

kara-Sさんにてフェアを開催することになったのは、kara-Sさんの店員の方が野田くんの作品を気に入っているようで、フェアをしてみないか?と誘われたのがきっかけなんだそうです。

 

「料理と器のためデザイン」というテーマで、食卓をコーディネートしやすい器やお皿を揃える予定なのだとか。

使いやすいことを考えて作られた作品の数々が並びます。

「作品より商品に近いものを」を意識したそう。

 

 

繊細で美しいフォルムを生み出していく貴公子、野田くん!

そんな彼の素敵な作品で、食卓を彩ってみては?

 

 

 

【野田ジャスミン】

webサイト:http://xyzgpm3by.wixsite.com/jasmine

 

【NODA JASMINE 霜降】

[期間] 2016年10月24日(月)~11月6日(日)

[時間] 11:00~20:00

[場所] COCONKARASUMA3F「kara-S」ショップ内特設ブース

http://www.kara-s.jp/shop/20161024_noda-jasmine.html