MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

ログインはこちら

20190314oc_top.jpg

オープンキャンパス

2019.02.14

人文学部・中川が紹介! セイカのオープンキャンパスはこんな感じだ!!

中川 祐太朗

中川 祐太朗(人文学部 文学専攻)

どうもー。セイカ探検隊の中川です!

皆さんは京都精華大学(セイカ)のオープンキャンパス(OC)に来たことはありますか?
え、まだない?どんな感じなのか分からない?
なるほど。確かに、何をしているか分からないと行こうか迷いますよね。
今回はそんな方のために、僕が実際にOCへ行った様子をレポートしてきました!

 

2018年6月10日午前10時。OCが始まりました。
様々なプログラムが行われますが、まずは最も大切な大学紹介です。
まず登場したのは、ウスビ・サコ学長さん!

0314_01.jpg

サコさん曰く、なんとセイカは12%の学生が「留学生」とのこと。驚きです!!
たしかに僕も留学生が多いなあという印象がありましたが、まさかこんなに多いとは思っていませんでした!サコさんも言っていましたが、外国に行くことだけがグローバルではないんですね!
留学生と関わって他国の文化を知ること、そしてそこから日本の文化を見つめ直すこともグローバルの一つということ。うーん、実感できます。

そんなセイカの歴史は1968年から始まりました。
創立当初から自由自治と人間尊重を掲げていて、現在では多様性を認め合い(一人ひとりの個性をお互いに認めること)、一緒に学ぶことを重視しています。
そのため、「全学部の学生が同じ科目を学ぶ機会を作り、お互いの良いところを知ろう!」という取り組みを進めているんだとか。
これまで他学部と関わる機会はサークルなど課外活動に偏りがちだったので、これはとても良い取り組みですね!
 

大学紹介が終わったら、次はAO入試の体験会へ。今回は自分の所属する人文学部が気になったので、覗いてきました!
人文学部のAO入試では、1つのテーマについて「文学」「歴史」「社会」3つの専攻の先生による講義を聴いた後、その内容についてディスカッション(1つのテーマについてグループで話し合うこと)を行います。

0314_02.jpg

 

0314_03.jpg

 

その流れを体験する今回の体験会では、テーマが「比叡山」でした。
比叡山は京都府と滋賀県をまたぐ、緑生い茂る大きな山です。しかし、かつては木がほとんどなく、はげ山と呼ばれていたそう。江戸時代までは小さな草木しか生えておらず、遠くからでも道がはっきり見えるほどだったんだとか。はげ山になってしまった理由は、当時、草木が貴重な生活の資源になっていたから。今は木々で道なんか見えないのに、これはビックリです。
講義の後はディスカッションスタートです。

ディスカッションではどんなことでもいいので自分が考えたことや疑問に思ったことを発言したり、相手の意見を聞くことが大切なんです。あなたの考えに正解・不正解はありません。勇気をだして発言してみましょう。


さて、次は座談会。急いで食堂1階に向かいます。
ここで行われる座談会は学生座談会は文字通り、セイカに通っている学生たちが学生生活について赤裸々に答えてくれる会です。
今回は芸術、デザイン、マンガ、ポピュラーカルチャーの4つの学部の2,3年生の学生が担当しているようです。

0314_04.jpg

それぞれの学部の紹介ではこんな説明がありました。

 

デザイン学部(プロダクトコミュニケーションコース)は1年生の時から商品のデザインをどんどん考えていくそうです。紹介されたなかでは扇子や本のデザインなどがありました。

0314_05.jpg

 

次にポピュラーカルチャー学部(ファッションコース)ですが、なんと実際に売っている服を買って、それを自分なりにアレンジするそうです。
今年の大学案内パンフレットの表紙の写真に写っている学生たちが着ている服は実際にポピュラーカルチャー学部の学生が作ったものだそうです。すごい!

0314_06.jpg

 

次は多種多様な芸術学部。壁を作ったり、切った山の木から色素を抽出してリボンを染めたりなど、素材に触れる授業が多いそうです。素材の特徴を知ることで、より良い作品づくりに繋がるということなんでしょうね。

最後にマンガ学部ですが、ひたすらマンガを描くことに加えて粘土に触ったり、色んな場所に行ってデッサンもするそうです。

そんな4人がセイカに入って感じたことは、セイカの学生は「みんなマイペース!」だということ。それがなんだか心地良いのか、「行きつけのお店のような安心感」があるそうです。多様性を認める空気がそんな居心地の良さを作り出しているのかもしれませんね。(サコさん、早速「多様性」を使わせてもらいました!)

 

さあ、学生座談会も終わったので、次の場所へ!

0314_07.jpg

こちらの写真は学部ごとの個人相談会の様子です。学部への疑問について先生たちが丁寧に答えてくれます。
入学前で気になることはこちらでぜひ相談してくださいね!
 

さてさて、いったん休憩を挟み、次の場所へ向かおうとするとあるものを発見しました。

0314_08.jpg

なんと、陶芸専攻の学生が授業で作った作品を持ち帰って良いのだとか!
僕も気に入った作品があったら後で持ち帰ろう♪
 

さて、長かったOC紹介ですが、最後にご紹介するのはキャンパスツアーです。

在学生の先輩たちが学内にある施設を説明しながら一緒に歩いてくれます。僕も初めて大学に来た時はどこの施設に行けばいいのか迷ってしまったので、1度利用したほうがいいかも!

0314_09.jpg

こちらはストーリーマンガコースの見学をした様子です。

ガイドする学生の他にも、教室にいる学生が所属の学部について教えてくれるので、どんな環境で学ぶのか知りたい人は利用してみては?
 

今回のセイカOCのレポートは以上になります。
これを読んだ皆さんは、OCに行って実際に体験してみてくださいね〜!

最後まで読んでいただきありがとうございました!