MEETSへ
ようこそ!

セイカに興味をもってくれたあなたに、
入試情報をお届けするサイトです

  • 入試情報
  • オープン
    キャンパス
  • 学部・学科

セイカを
もっと身近に!

在学生やコースごとのブログ、進路・就職情報など、
学生生活を身近に感じてもらえるコンテンツが満載

  • セイカ探検隊
  • コースブログ
  • 進路就職

メンバー登録して
最新情報をGET!

「SEIKA MEMBERS」に登録すれば、
お得な特典や受験に役立つ情報がもらえる

  • スイーツ
    無料券
  • 抽選で豪華
    プレゼント
  • イベント
    特別優先席

ログインはこちら

rinen_pc.jpg

rinen_sp.jpg

理念・歩み

京都精華大学は、1968年にリベラルな政治学者であった初代学長岡本清一を中心にまったく新しい大学の創造をめざすべく誕生しました。岡本清一は、学長就任の条件として、「教育の基本方針に関する覚書」を提示。この覚書には、京都精華大学の建学の理念とも言える「人間尊重」「自由自治」がうたわれています。「人間尊重」「自由自治」を基盤とし、新しい人類史の展開に対して責任を負い、世界に尽力する人材の育成を使命としてきた京都精華大学では、学生、教員、職員がすべて人格的に平等であり、全員が大学の創造に参加しています。

 

  1. 京都精華短期大学は、人間を尊重し、人間を大切にすることを、その教育の基本理念とする。この理念は日本国憲法および教育基本法を貫き、世界人権宣言の背骨をなすものである。
     
  2. 京都精華短期大学は特定の宗教による教育を行わない。しかし諸宗教の求めてきた真理と、人間に対する誠実と愛の精神は、これを尊重する。
     
  3. 学生に対しては、師を敬うことが教えられる。師を敬うことなくして、人格的感化と学問的指導を受けることはできないからである。そして敬師の教育を通じて、父母と隣人とに対する敬愛の心を養う。
     
  4. 教員の学生に対する愛情責任は、親の子に対するそれが無限であるように、無限でなければならない。職員もまた教員に準じて教室外教育の一斑の責任を負う。
     
  5. 学内における学生の自由と自治は尊重され、その精神の涵養がはかられる。従って学生は、学内の秩序と環境の整頓に対して責任を負わなければならない。
     
  6. 礼と言葉の紊れが、新しい時代にむかって正され、品位のない態度と言葉とは、学園から除かなければならない。
     
  7. かくしてわが京都精華短期大学における教育の一切は、新しい人類史の展開に対して責任を負い、日本と世界に尽くそうとする人間の形成にささげられる。

 

岡本の建学理念は、その時々を担う人々によって新しい理解が加えられ、時には議論の対象となってきました。 2003年春、建学理念の継承と再生を図るため、京都精華大学はあらためてその使命と基本理念を明らかにしました。

 

「京都精華大学の使命」

  1. 京都精華大学は、人間を尊重し人間を大切にすることを教育の基本とし、学問・芸術によって、人類社会に尽くそうとする自立した人間の形成を目的とする。
     
  2. 京都精華大学は、社会に責任を負う自立した人間の形成という目的のために、恒に現実の社会的視点を維持し、広く社会に貢献する活動を行う。
     
  3. 京都精華大学は、教員、職員、学生によって一個の有機的社会を構成し、この大学社会における人間的な交流を基礎にして教育を行う。

 

「京都精華大学の基本理念」

  1. 京都精華大学は、広く国内外に開かれた教育を行う。人間が国家、宗教、民族の対立を乗り越えて共に生きるためには、その価値観の違いを超えて人間的な信頼関係を創出しなければならず、国家、宗教、民族を超えた人間的な交流の体験が必須である。
     
  2. その教育において、特定の宗教・思想による教化を行わない。しかし、歴史を通じて人類が求めてきた普遍的な価値と、人間に対する誠実と愛の精神は、これを尊重する。
     
  3. その教育は、共生を目指し、なお自立する人間の形成を目的とするために、現実の人間の問題を扱う学問・芸術の探求に基づき行わなければならず、その知的資源の創造的な編成と運用は、広く国内外に貢献することを目指さなければならない。
     
  4. そのように現実社会に対する建設的批判と貢献を目指す、京都精華大学の教育と研究の活動は、また恒に現実と対峙し社会的視点を維持する大学の経営によって保障されねばならない。
     
  5. 京都精華大学は、教員、職員、学生に開かれた大学社会を組織し、この社会を人格的平等主義に基づき運営する。各構成員が自覚的に選択した価値観は、対等にこれを尊重し、特定の価値観の絶対化は、人間の自由を抑圧し個人の自立を妨げるものとして、これを拒否する。
     
  6. この大学社会は、構成員の自己啓発と相互の建設的批判によって日々刷新され、新たな教育と研究の土壌を形成する。品位のない態度と言葉は、この大学社会から除かれなければならない。構成員間の身分差別は、本学の理念とは無縁である。
     
  7. すべての構成員は、この大学社会の規範に従うことが求められるとともに、新しい大学の創造に参加する権利を有する。

 

 

京都精華大学は、1968年に英語英文科、美術科の2学科をもつ短期大学として開学。1979年に美術学部を有する4年制の大学となってからは、1989年に人文学部の開設、2006年にデザイン学部、マンガ学部の開設、2013年にポピュラーカルチャー学部を開設するなど、学問の領域をつねに広げてきました。2018年には創立50周年を迎え、新たな挑戦を続けていきます。

事項
1968年
4月
京都精華短期大学開学(設置者:学校法人京都精華学園)。美術科・英語英文科を開設。
1969年
4月
美術科に染織コースを開設。
1970年
4月
美術科にヴィジュアルデザインクラス・クリエイティヴデザインクラスを開設。
美術科・英語英文科に専攻科を開設。
1973年
4月
美術科に立体造形コース・デザインクラス・マンガクラスを開設。
1979年
4月
京都精華大学開学。美術学部造形学科(専門分野は洋画・日本画・立体造形)、美術学部デザイン学科(専 門分野はデザイン・染織・マンガ)を開設。
短期大学を短期大学部に名称変更。
1982年
4月
京都精華大学短期大学部美術科および美術専攻科を廃止。
1987年
4月
美術学部造形学科に版画分野・陶芸分野を開設。
美術学部デザイン学科にアーバンリビングデザイン分野を開設。染織分野をテキスタルデザイン分野に、 デザイン分野をビジュアル・コミュニケーション分野に名称変更。
1989年
4月
人文学部人文学科を開設。
1991年
4月
京都精華大学大学院開学(美術研究科造形専攻・デザイン専攻)。
美術学部デザイン学科アーバンリビングデザイン分野を建築分野に名称変更。
6月
京都精華大学短期大学部廃止。
1993年
4月
大学院人文学研究科を開設。
12月
学校法人木野学園の設置。
2000年
3月
「ISO14001」認証取得。
4月
人文学部に環境社会学科を開設。
美術学部を芸術学部に、大学院美術研究科を芸術研究科に名称変更。
芸術学部デザイン学科ビジュアル・コミュニケーションデザイン分野を再編し、ビジュアル・コミュニケー ションデザイン分野・映像分野・プロダクトコミュニケーション分野を開設。
芸術学部マンガ学科(ストーリーマンガ分野・カートゥーンマンガ分野)を開設。
2001年
7月
京都精華大学表現研究機構を開設。
2003年
4月
「学校法人木野学園」から「学校法人京都精華大学」に名称変更。
人文学部に社会メディア学科・文化表現学科を開設。
大学院芸術研究科に博士後期課程を開設。
2006年
4月
デザイン学部(ビジュアルデザイン学科・プロダクトデザイン学科・建築学科)を開設。
マンガ学部(マンガ学科・マンガプロデュース学科・アニメーション学科)を開設。
芸術学部に素材表現学科・メディア造形学科を開設。
11月
京都国際マンガミュージアムを開設(京都市との共同事業)。
2008年
4月
学校法人インターナショナル学園(専修学校京都インターアクト美術学校を開設)と合併。
2009年
4月
人文学部環境社会学科・社会メディア学科・文化表現学科を再編し、総合人文学科を開設。
2010年
4月
大学院芸術研究科を再編し、デザイン研究科デザイン専攻修士課程・建築専攻修士課程およびマンガ研究科マンガ専攻修士課程を開設。
2012年
4月
大学院マンガ研究科に博士後期課程を開設。
2013年
4月
ポピュラーカルチャー学部ポピュラーカルチャー学科を開設。
ビジュアルデザイン学科を再編し、イラスト学科を開設。
マンガ学科にギャグマンガコース・キャラクターデザインコースを開設。
2015年

4月
人文学部を改組し、文学、歴史、社会の3専攻を開設。

2017年 4月
全学共通教育科目「SEEK」導入/芸術学部3学科を改組し、新しい造形学科を開設/マンガ学部 新世代マンガコースを開設。

 

 

 

foot_members_tit01.svg

会員登録で限定特典を
GETしよう!